安心感を与える

うつ病治療中の方への接し方

同僚や上司、部下などの会社関係から親や兄弟、妻や夫など、身近な人がうつ病の治療中の場合、どのように接したらよいかわからないという声をよく聞きます。 治療中のうつ病の患者さんは気分の落ち込みや自己嫌悪など不安定な精神状態のため、自分の体の悩みや不調を周りにうまく伝えることが出来ません。また正常な判断力も不足しています。一番大切なのはうつ病という病気を理解し、治療に向けて力になってあげることです。 言ってはいけない言葉としては「頑張って」という励ましの言葉や、「こんなことでどうするの」「今のままでいいと思っているの」などの叱咤や激励の言葉です。全てにおいて悲観的になっている患者さんを追いつめることになります。 こういった声がけは「私が悪い」「何をしてもダメだ」と自己否定につながりストレスに繋がるので善意であっても気を付けましょう。 声がけを積極的にするよりも、話を聞いて同調することで安心感を与えることが出来ます。決して責める様な態度をとらないことです。

日常の不安を消す、決断を先延ばしにする

うつ病の患者さんは悲観的になっており、正常な判断力が出来ない状態です。 このような状態の時に決断を求められるのは、たとえ小さな事であっても負担に感じます。大きな決断はもちろん、日常の小さなことまで、まずは何も決断させない配慮が必要です。無理に何かを決めるよりもゆったりとした気分で過ごさせてあげてください。 次に外出や運動を無理に勧めないということです。うつ病の治療に運動療法は非常に効果的であると言われていますが、専門の指導者の下でのグループ指導が基本となっています。患者さんの体調や症状を見極めながら行うのが基本なので、周りが無理に連れ出すのはやめましょう。症状が快方に向かい、医師の許可が下りたら徐々に一緒に外出をしたりして慣れていくといいと思います。