TOPICS

自殺の恐怖

うつ病患者で自殺をする人がとても多いと言われています。周りでうつ病を発症させている人がいるのなら、そういった事態にならないようにサポートをしましょう。孤立して自分を追い込む人が多いのです。

もっと詳しく

うつ病は治る

うつ病は不治の病ではありません。治療を継続することで完治を目指せる病気です。早めの発見が、早い完治を目指せるでしょう。自分の心に違和感が生じたら、一度心療内科へ足を運んでみましょう。

もっと詳しく

安心感を与える

うつ病患者は、自分がだめな存在だと卑下します。そういった状態が続くと、さらに病気は悪化するでしょう。それを緩和させる為には、医者と周りの人が、全力で安心感を与えることが最も重要だとされています。

もっと詳しく

うつ病の症状

うつ病を発祥したときに、自分で気付く人は少ないです。怪我のように目で見えるものではないので、気の持ちようだと片付けるのです。しかしやる気や食欲が出ないといった症状が出たら、うつ病の可能性があります。

もっと詳しく

生活の負担

うつ病の原因となるものは、生活の中で生まれます。職場や家庭で生じたストレスが原因となるのです。生活の負担が大きいと感じたら、自分でリフレッシュする時間を作るようにしましょう。

もっと詳しく

気をつけよう

治療するにあたって注意すること

うつ病は、日常の生活の中でストレスや環境の変化などによって、うつ病の症状がでてきます。 うつ病の治療には、十分な休養が必要になります。 そして、周りの人の理解も必要となってきます。一人で治療をするのは大変です。 できるだけ、話を聞いてあげたりする必要があります。 うつ病をしっかり理解して、一緒に治療すると良いです。 一緒に治療するにあたっては、注意するべきこともあります。 頑張ってなどの励ましの言葉や、だらしがないなどの言葉は、さらに追い込んでしまいます。 考えることや決断するなどを求めることは、避けたほうがいいです。 気分転換にと思って、外出したり運動したりという行動も、無理しないほうが良いです。 とにかくゆっくり休ませてあげることが、一番の治療といえます。

うつ病を知っておくとよい事

うつ病を治療する為に受診する診療科は、精神科以外に神経科、精神神経科や心療内科などを受診するとよいです。 最近では、どのような原因で症状が起こるのかに注目して、心と体の両面から診断や治療を行う病院が増えてきているようです。 受診する時には、どのような症状があるか、いつごろから出てき始めたのか、大きな環境の変化などがあったかなど、確認をしておくと診察がスムーズにできます。 うつ病の治療の基本は、十分な休養をとり、体の負担を取り除き、脳の疲れも取り除く事が必要です。 抗うつ薬などを使って、薬での治療が始まります。服用を始めてすぐに効くような薬はないので、周りの人は飲み忘れがないよういすることです。 服用期間も、2ヶ月から半年くらいで症状が改善してきますが、その後も服用が必要になる期間が長くなる場合もあるようです。

うつ病かもしれないと感じたら

 現代、うつ病は珍しい病気ではなくなりました。いつ誰がどんなきっかけで発症してもおかしくないと言われる程、身近な精神の病の一種です。 例えば、人間関係のもつれや、仕事内での大きなトラブルなど、人それぞれの理由があります。 うつ病とは、脳のセロトニンやノルアドレナリンが低下する病気で、主な症状は、気力の低下や食欲の低下など、以前元気だった人が無気力感になった時は要注意です。 軽い症状で生活に支障がなければ良いのですが、ベッドから起き上がることもできないなど、仕事や学校へ行くことが困難な場合には、家族にも助けてもらって、心療内科で治療を受けることが大切です。すぐ治るかもしれないと病気を放置することは、よくないことです。

心療内科での治療法とは

 心療内科やこころのクリニックなどへ行くと、まず専門の医師に話を聞いてもらいます。うつ病に関しては、性格や体質の違いなどがあるので、治療法は全員同じように薬を飲めば治るというわけではありません。 個人によって、適切なアドバイスをして、抗うつ薬の処方をしてくれます。 また、薬の治療を始めればすぐに治るわけではなく、効果がわかるのに2週間から4週間かかります。薬を飲むことで、徐々に精神の安定を保つことができるようになりますが、副作用が伴うこともあります。眠気や吐き気など、人によっては副作用もさまざまです。 抗うつ薬を飲むにつれ、回復してきたから自己判断で薬をやめてしまうことがないようにお願いします。きちんと医師の判断に従って薬を飲み続けましょう。 うつ病になった時は、焦らず治療に専念してください。